2012年02月20日

ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 2

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2 [DVD] / ダニエル・ラドクリフ, ルパート・グリント, エマ・ワトソン, ヘレナ・ボナム=カーター, ロビー・コルトレーン (出演); デイビッド・イェーツ (監督)


2001年にスタートしたJ・K・ローリング原作のファンタジー・シリーズ第7作の後編にしてシリーズ完結編。
魔法学校ホグワーツも戦場と化す中、ついに闇の帝王ヴォルデモートとハリー・ポッターの一騎打ち。
その行方を壮大なスケールで描き出す最終章です。

ヴォルデモートを滅ぼすべく“分霊箱”を破壊するための旅に出たハリー、ロン、ハーマイオニー
数々の困難に直面し、またヴォルデモートが放つ死喰い人の追撃に苦しめられながらも一つひとつ分霊箱を破壊し、残る分霊箱の発見に奔走していたが。。。

ようやく最終章を見ることが出来ました。
最終章だけあって、序盤からハラハラする展開。
えっ!?と思うシーンもあり、最終章にふさわしい内容でした。
最後はまぁそんなものかと思いますが、得てしてこのようなシリーズ物はこんな感じかもしれません。
posted by higuma at 09:43| 愛媛 ☁| 旅・娯楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

行動観察の基礎について

昨日は、今治地域地場産業振興センターで開かれた『行動観察の基礎について』のセミナーに参加しました。
以前、ガイアの夜明けで放映され面白い印象があり、また昨年の週刊ダイアモンドでも特集されていて興味があったためです。

サービスを科学の対象にして、生産性向上やイノベーションの促進につなげるために、現場を観察し、ニーズなどを把握し分析するというのが行動観察の生まれた背景のようです。
科学するので、もちろんベースとなる理論があります。
観察の視点として、HMI(Human Machine Interface)の5側面があります。
これらの視点から観察し、人間工学や環境心理学、社会心理学といった面から科学的分析を行なっていきます。

表に出せる範囲で多くの事例を動画を交えて紹介してくれたこともあって、あっという間の1時間30分でした。
自分の業界でも『観察』は大切だと思いますが、わかったつもりではなく、とりあえず何かに実践・応用できたらいいと思います。

最後に、従来の市場調査やマーケティング活動の6つの誤りを前半に紹介していましたが、中でも
生活者の思考プロセスは筋の通った合理的なものである

がある意味ショッキングでした。
従来の経済学ではこれを仮定して分析していますから。
行動経済学では、これを仮定していないので、さらなる応用を考えるときにはそろそろ、合理性の仮定を外した分析がもっと必要になってくるかもしれません。
posted by higuma at 10:06| 愛媛 ☁| 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

Imaginaerum

イマジナエラム / ナイトウィッシュ (CD - 2012)


フィンランドで絶大な人気を誇るNightwishの4年半ぶりとなる7thアルバムImaginaerumです。
新ヴォーカル・アネットをフロントに添えて2作目となります。

これまでのシンフォニック・メタルに映画のサントラのような壮大さが加わっています。
どうやら、映画と連動しているようです。
個別の楽曲はさることながら、アルバム全体の完成度はかなり高いと思います。
映画は2012年のうちに公開されるようで、こちらも楽しみです。
posted by higuma at 10:25| 愛媛 ☁| 旅・娯楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

高速道路 なぜ料金を払うのか

高速道路 なぜ料金を払うのか ―高速道路問題を正しく理解する [単行本] / 宮川 公男 (著); 東洋経済新報社 (刊)


宮川公男さんの著書です。
自公政権末期から土日祝日高速料金1000円が導入され、また民主党のマニフェストに高速料金の無料化が掲げられて以来、注目されてきた話だと思います。

もともと、高速道路は償還主義がとられており、建設費を償還し終わったら、原則無料開放しますよというのが出発点でした。
そもそも、この出発点がおかしいというのが著者の主張の1つです。
また、今の議論は『高速有料化でいくのか無料化すべきなのか』という議論に偏っています。
著者はそもそも、そうではなくて高すぎる料金設定が問題だと指摘しています。
そのとおりだと思います。

ドライバーからすれば、高速料金土日祝日1000円は嬉しいし、また無料化となれば嬉しい気持ちはよくわかります(私自身も嬉しくは思います)。
観光地も潤うかもしれません。
交通量が増えるということは、渋滞の増加、ガソリンの需要増、二酸化炭素排出量の増加がついてきます。
また、鉄道や船についてはマイナスの影響が出てくるかもしれません。
車を使用した旅行のプラスの効果とマイナスの効果のまともな検証なしにどちらが望ましいのかという話は難しいような気もします。
(実際その効果は検証されていない可能性があります。)
また、無料化した際に高速道路の維持費はどうするのかも問題です。
料金が無料になったとしても、その背後にある費用は無料にはなりません。
全て税金で賄うとなった時に、どのくらいの人が納得するのでしょうか。
これらのことを考えさせてくれる本だと思います。

渋滞があるのは料金所があるからとか、天下りさせたいからとか不満を持っている人も数多くいるかもしれません。
しかし、渋滞情報を見るとたしかに料金所で発生しているものもあるし、別の所で発生しているものもあります。
また、民営化したにもかかわらず、料金設定を自由にできない現状がそもそも問題です。
高速道路無料化の議論については、天下りが本質的な問題とは思えません。

問題の本質を見極めての賛否が大事なのではないでしょうか。
高速道路の無料化は難しいのではないかと思います。
posted by higuma at 10:12| 愛媛 ☔| 本・雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル

ようやく見に行けました!
トム・クルーズ主演の大ヒット・アクション映画、ミッション・インポッシブルシリーズ第4弾、『ミッション・インポッシブル:ゴーストプロトコル』です。
今回は(も?)CMがかなりド派手で、興味をそそられるものだったので、是非見たかった。

イーサン・ハントIMF(米国極秘諜報機関)の手引きで脱獄を果たし、新たな任務に就きます。
それは、とある人物の情報を乳臭することだった。
そのため、ロシアクレムリンへの侵入を試みるが、突然爆発が発生し、イーサンのチームに容疑がかけられてしまう。
更に、IMFの後ろ盾もなく、テロを防がなければならないという、まさに『ミッション・インポッシブル』状態に・・・。

期待通り、面白かった!
アクション、ストーリー性どれをとっても個人的にはかなりよかったと思っています。
バランスがとれていて、あっという間に時間がすぎる感覚でした。
CMでも紹介されていたドバイの超高層ビル、ブルジュ・ハリファでのあのシーンも見応えがあった!


ミッション:インポッシブル [DVD] / トム・クルーズ, ジョン・ヴォイト, エマニュエル・ベアール, ヘンリー・ツェーニー, ジャン・レノ (出演); トム・クルーズ (プロデュース); ポール・ヒッチコック (その他); デヴィッド・コープ, ロバート・タウン (脚本); ブライアン・デ・パルマ (監督) M:I-2(ミッション:インポッシブル2) [DVD] / トム・クルーズ, ダグレイ・スコット, タンディ・ニュートン, ヴィング・レームズ, リチャード・ロクスバーグ (出演); ジョン・ウー (監督) M:i:III [DVD] / トム・クルーズ, ミシェル・モナハン, フィリップ・シーモア・ホフマン, ローレンス・フィッシュバーン, ヴィング・レイムス (出演); J.J.エイブラムス (監督)
posted by higuma at 10:26| 愛媛 ☔| 旅・娯楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。